« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

飲酒運転について

長崎に台風がお邪魔したそうで、おんボロ実家が吹き飛ばされていないか心配な日曜日です。

さて、最近では飲酒運転問題がニュースを騒がせていますが今後、事故件数は減るのでしょうか?罰則を強化した反動でひき逃げ件数が増加しているという残念な統計も出ているそうで・・・飲酒して運転して事故ったら罪が大きいから酔いが冷めるまで逃げようという考えが出てきたらしい。

私は免許は持っていても車を所有していない&飲むより食うタイプなので、『飲んだら乗るなよ』と他人事みたいに思っていますが、一杯くらい・・・検問にかからなければ・・・事故しなければ・・・という気持ちも分からんでもないけど・・・お酒を出すお店が努力しなければいけないのか?自動車メーカーが新技術を開発するのか?駐禁みたいに検問を強化するのか?ドライバーの裁量に委ねるのか?ビールメーカーは高みの見物と言ったところかな。

地上アナログ放送が終わる頃には、北欧が取り入れているアルコール検出装置を内蔵した自動車が日本にも登場しそうだけど、標準装備まで踏み切れるメーカーは出てくるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公務員って

『捜査2課長セクハラ 長崎県警 処分へ 官舎で女性記者触る』

『姫路市職員が酒気帯び運転、夫婦はねられ夫が重体』

『消防署員が酒酔い運転=逆走し衝突、逮捕-青森県警』

『婦女暴行未遂で福岡県職員逮捕=ホテル部屋に侵入-大分』

え~一時期、就職氷河期時代に公務員を目指していた管理者です。長崎でセクハラですか~でも長崎出身の方ではないエリート単身赴任のようで・・・まぁ出身は関係ないですが(長崎に風俗店は無いですからね・・・)

公務員といえども人間ですから・・・ただ、勤め先が大きいですから・・・今後、少子化で公務員の倍率も下がるだろうし・・・公務員の質も問われるだろうし・・・男と女と酒ですか永遠のテーマです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月面に衝突!

欧州の月探査機「スマート1」、役目終え月面に消える

欧州宇宙機関(ESA)は3日午前7時42分(日本時間午後2時42分)、欧州初の無人月探査機「スマート1」(重さ約370キロ・グラム)を、最後の任務として、地球からの指示で月面に衝突させた。

 世界中の天文台が、その模様の観測に臨んだが、ハワイにあるカナダ・フランス・ハワイ望遠鏡(CFHT)が衝突した瞬間の撮影に成功、公表した。

 スマート1は2003年9月に打ち上げられ、月を周回しながら月面を撮影。燃料が少なくなったことから、ESAは、探査機を月面に衝突させて、その過程の月の重力変化や、舞い上がる砂の観測から月の鉱物資源の調査を行うことを決めた。

惑星を増やす減らすで問題になっている宇宙で、一方では宇宙にゴミ放棄で拍手ですか。こういうのを見ていると人間は賢くて勝手な生き物なのだと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »